ENTRY
CONSULTANT

コンサルタント

クライアントのデジタルマーケティングの最適化を図るため、マーケティング施策の効果分析などを行い、導き出された分析結果から新たなマーケティング戦略や施策を提案します。

案件を担当する上で心がけること

解決すべき課題を常に意識する

本質を見失わないように、プロジェクトの途中でも解決すべき課題を何度も見直すことは意識しています。またチームで仕事をするため、みんなが同じ方向に向かってプロジェクトに取り組めるよう、自分の考えをプロジェクトメンバーにしっかり伝えることも大切にしています。

コンサルタントが日常でかかせないアイテム

ホワイトボード

ホワイトボード

プロジェクトにおいて、スケジュールやタスク、成果物のイメージをすり合わせることが非常に大切だと思っています。
メンバーがそれぞれ頭で思い描いているものを、しっかり共通認識を持てるレベルまですり合わせるために、ホワイトボードをよく使います。

新卒1年目コンサルタントあるある

  • 新人であっても、クライアントから求められるレベルが先輩と一緒
  • クライアント先では新卒感消す

日々の業務内容

  • 戦略立案
    クライアント調査
    まずは訪問前にクライアントのことを調査します。
    クライアントのビジネスの状況把握や課題を予想し、その課題に対して参考になる事例などを社内でピックアップしておきます。そうしておくことで、ヒアリングと簡単な提案が同じタイミングでできるので、信頼感も得やすいです。その後はプロデューサーと連携し、詳細の提案に進めていきます。
  • 戦略立案
    マーケティングパートナーとして取り組む
    既存のクライアントの場合は、すでに幾つかのプロジェクトを実施する中でクライアントのビジネスの理解が進んでいるため、全体を俯瞰した上で、来年度何にどうやって取り組んでいくか?の来期計画を立てるところからデジタルマーケティングのパートナーとして一緒に取り組んでいきます。
  • 企画設計
    ロードマップの作成
    デジタルマーケティング戦略のための調査・分析を実施し、戦略を策定します。クライントの状況を踏まえて、どんな調査や分析が必要なのか?またその調査や分析からどんな結論を導き出したいのか?を整理するため、メンバーやクライアントと議論します。
  • 計測・解析
    設定した目標の解析・改善
    クライアントのミッションからWebサイトやアプリにおける目標指標(KPI)に落とし込みます。
    その後、策定したKPIをアクセス解析ツールでしっかり計測できるように設計・実装していきます。計測が完了したら、分析をしサイト改善の支援も行うケースが多いです。

プロジェクトマップ

プロジェクトマップ