ENTRY
DESIGNER

デザイナー

目に見える美しさだけを追求するのではなく、クライアントの課題・目的に合わせた最適な表現方法をデザインします。また、常にユーザー視点に立ち、あらゆるデジタルデバイス用のデザインの設計も行います。

案件を担当する上で心がけること

ユーザーが使いやすいデザインを意識する

温めてきた企画が形になる過程を担当するため、自分の視点だけではなくプロジェクトに関わる全ての人の視点を踏まえてデザインを行うよう心がけています。メンバー全員が納得感を持ってプロジェクトを進めることが、ユーザーが使いやすいデザインを作ることにつながると思っています。

デザイナーが日常でかかせないアイテム

数値設計を行うための電卓

電卓

デザインではセンスや感覚が重要になることもありますが、デジタル関連のデザインでは緻密な数値設計が必要となることが多いため電卓を常にデスクに置いています。スマホにも電卓の機能は付いていますが、スピーディーに計算ができるよう小さくて最低限の機能が付いているものを探しました。

新卒1年目デザイナーあるある

  • ディレクターさんの低姿勢なコミュニケーションに恐縮する
  • 初めて好きな芸能人やキャラクターの素材データを受け取った時のテンションが半端ない(笑)

日々の業務内容

  • 企画設計
    デザイン提案
    Webサイトのデザインに限らず、課題に対してユーザーがどのような体験を求めているかを考え、提案書を作成しクライアントに提案します。場合によっては、Webサイトの枠にとらわれない提案を行うこともあります。
  • デザイン
    プロジェクトメンバーと打ち合わせ
    制作に入る前に、ディレクターやエンジニアと打ち合わせを行います。クライアントの課題や企画のコンセプトなどをすり合わせ、大まかな方向性を決めます。制作を進めていく上で「もっとこうした方が良いんじゃないか」と思う点はメンバーに相談し、情報の整理をしたり味付けをしていきます。
  • デザイン
    デザイン制作
    インプットした情報を元に、デザインを起こしていきます。1人でじっくり考える時間もあれば、ラフデザインを元にメンバーと議論を行いながら進めていく時間もあり、制作物に対する責任は持ちつつ偏った視点にならないよう進めていきます。
  • 実装・開発
    エンジニアとのコミュニケーション
    演出やアニメーションなどの「動き」や、どのデバイスでも見え方が変わらない汎用性を踏まえてデザインを行います。それらを実現させるために、フロントエンドエンジニアとコミュニケーションをとりながら試行錯誤を行っていきます。

プロジェクトマップ

プロジェクトマップ